まちなか観光 - 神社・仏閣・史跡の一覧

新潟総鎮守 白山神社

新潟総鎮守 白山神社

新潟市の中心部に位置し新潟の総鎮守として千有余年の歴史のある神社。白山さまは、別名を菊理媛「くくりひめ」という女の神様で、夫婦の神様がケンカをした際に仲をとりもったと日本書紀にあり縁結びの御利益があります。

燕喜館

燕喜館

明治から昭和にかけての新潟を代表する商家・斎藤邸の一部を白山公園内に移築・再建。格調高い奥座敷、円弧形の地袋、欄間の細工など贅を尽くした技もみどころです。

新潟県政記念館

新潟県政記念館

明治16年に建設された新潟県議会旧議事堂。日本建築に西洋の技法を取り入れた木造洋風建築で、文明開花期特有の個性美と風格を持つ建造物です。昭和44年、国の重要文化財に指定されています。

金刀比羅神社

金刀比羅神社

江戸期から明治にかけて日本海で活躍した北前船の模型28点が拝殿に収められている神社。当時の船問屋や船主たちが航海の安全を祈願して奉納したもので、国の有形民俗文化財に指定されています。

湊稲荷神社

湊稲荷神社

江戸時代、船乗りの信仰を集めた神社。回る「願懸け高麗犬」が有名。愛しい船乗りが出港できないように女性がこの高麗犬を回して荒天を祈ったといいます。

新潟市文化財 旧小澤家住宅

新潟市文化財 旧小澤家住宅

江戸時代後期から新潟町で活躍していた商家・小澤家の店舗兼住宅。かつての新潟町における町家の典型例であり、かつ、明治時代に成長した豪商の屋敷構えを構成する一連の施設がほぼそのまま残されています。

旧新潟税関

旧新潟税関

開港五港の税関のうち、当時の姿で現存する唯一の建物です。国指定の重要文化財でナマコ壁、蛇腹の漆喰、塔屋などが見事な擬洋風建築です。

旧第四銀行住吉町支店

旧第四銀行住吉町支店

旧第四銀行住吉町支店建物は、大正15年5月に起工され、昭和2年10月に竣工しました。建物は昭和初期の銀行建築に多く見られる古典的な様式です。  現在は内部を公開するとともに、2階の会議室・日本間の貸出サービスを行っていま […]